妊娠線予防クリーム17

一般的なボディケア用のアイテムと妊娠線を予防するための保湿のためのクリーム、オイルは何か違いがあるのでしょうか?ざっくり言うと、4つ、違うところがあります。「何が入っているのか」「香り」「値段」「保湿力の高さ」まず、入っているものは何かということです。念頭に置くべきなのは、「お腹に赤ちゃんがいる」ということ。妊娠しているときは、ホルモンバランスがいつもよりも大きく変化するので今まで特に肌に合っていた保湿アイテムも肌荒れを起こしたり、「かゆい!」と感じたりするんです。

ですが、専用のクリームやオイルは、敏感肌の時期でも使っても大丈夫なようにお肌に刺激の少ない処方で作られています。においも違いがみられます。

市販のボディクリームは香料という余分なものが入っていたり、ホルモンに影響を及ぼすアロマオイルが入っていたりします。

つわり中は特に香りが気になりますし、妊娠中に使ってはいけない精油入りのこともあるので、注意する必要があります。価格に関してもよく目にするものは安く入手できることが多いのですが、妊娠しているとき専用のものはやや高価な場合が多くなっています。

また、保湿についても異なっています。妊娠時にできる線は真皮が裂けてできる状態なので、防ぐためには肌の内側まで保湿成分を染み込ませる必要があります。ゆえに、保湿する力が高く、可能な限り真皮まで潤してくれるものの方が安心感があります。妊娠線を防止するためには、万一お腹や胸、太ももに肉割れができても仕方がないと思えるものを選ぶことをお勧めします。

妊娠した時の線は現れやすい人とそうでない人がいます。妊娠時の断裂線ができてしまいやすい人とは「ドライ肌の人」「35歳以上」「小さくて痩せている人」「脂肪がたっぷりある人」「多胎妊娠」「経産婦」「母親のお腹に妊娠線がある人」というポイントが挙げられます。

そうはいっても、もし、「私、妊娠線できやすいタイプかも」と思っても気に病まないでください。

頻繁な保湿対策とゆっくり体重を増やすことで「妊娠線ができなかった」という人もおられます。
ストレッチマークを防ぎたい人は知った今からクリームやオイルを塗って、体重も増やさないように注意しましょう。ストレッチマーククリームの塗っていない場所がないよう、下腹部といった場所やお尻、後ろ側、、一人では塗ることが難しい部分は、旦那さんにもお手伝いしてもらいながら保湿すると、ケアできない状態を予防できます。
ストレッチマーククリームは油分と水分が良く、お肌のべたつきやテカテカ感が少ないのが良いところです。加えて、香りが良い、もしくは無香料のものも多く見受けられます。妊娠時にできる線を防止方法はどの時期からスタートするのが良いのでしょうか。
腹部が目立たないぐらい小さい頃はピリピリ感もないので「問題なし」と思っているのではないでしょうか。
が!本当に妊娠線を防ぎたいならできるだけ早い時期から保湿ケアすることをご提案します。

体をゆったりとマッサージをしながら妊娠線予防クリームを塗り広げていくと、リフレッシュ効果も期待することができます。お腹の赤子に語り掛けながらまったりと妊娠線予防を行うのもおすすめです。妊娠時に使うオイルと妊娠線クリームの違いは、水分と油分の入っている量です。

妊娠時に使うオイルは妊娠線クリームよりも油分の配合量が多いので、保湿パワーは相対的に高いものと見込まれています。

ただ、妊娠時に使うオイルは方向や使用感が特徴的なので好きではない人もいます。

妊娠時の肉割れができやすい場所とはお腹周りの他にも胸やお尻、太ももがあります。いわゆる、脂肪があって柔らかい箇所ができてしまいやすいということです。太ももやお尻など背面は特に見ることが難しいので注意して保湿ケアをしましょう。お腹周辺が前に張り出すようになってくると下部がわかりにくくなるので気を付けて保湿することが重要です。

妊娠線のためのケアってクリームが人気なの?詳しくはここから

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です